いつかやろうと思っている純金積み立てについて少し調べていたのですが、

昔はよく有事の金(何か起きた時の為の金)と言われていましたが、

最近は有事で売る金(何か起きた時に金を売る)と言われているみたいですね。

 

理由は簡単で、

有事の際は一時的にお金の価値が下がる(金の価値が上がる)けど、

それもすぐに元に戻すから、

金の価値が上がったタイミングで売って、

元に戻ったタイミングで買い戻すのが良いみたいですね。

 

ただ、私は金で短期的な利益を求めるつもりはないので、

純粋に純金積み立てを出来るくらい金銭的に余裕が出来てきたら始めたいと思ってます。